母子家庭が幸せになる方法を探求するこのはのブログ

離婚ブログ!

捨てたはずのマヨネーズが冷蔵庫に戻っていた話

更新日:

高齢者の冷蔵庫がヤバいという話を、この前書いたんですが…

高齢の親の冷蔵庫を整理したいけど

私が介護しに来てあげた立場なら、遠慮せず、賞味期限の切れたものはバンバン捨てるんですが、そうではなくて…

年金暮らしの両親の家に、食べ盛りの子供と一緒に転がり込んできたほぼ無職の出戻りムスメという、肩身の狭い立場なのですよね。

だから、おばあちゃんの台所をむやみに片づけたりすることもできないんです。

でも、賞味期限が切れたものは、できれば食べたくないし子供にも食べさせたくないんですよね。

そこで、賞味期限が切れたものを見つけると、紙に包むなどして見えないように、少しずつこっそり捨てていたんです。

この前も、賞味期限が3年ほど過ぎた、使いかけのマヨネーズを見つけました。

紙に包み、他のごみと一緒に袋に入れて、ごみ箱に入れました。

だいたい、使いかけのマヨネーズが、冷蔵庫の中に何本も入ってるんですよね。

なんでだろう、と思って考えてみたんですが…

普段あまりマヨネーズを使うことがないけど、たまにポテトサラダを作るときとか、どうしても必要だから買うんじゃないでしょうか。

でも、1回ポテトサラダを作って使うと、他には使い道がないからそのまま冷蔵庫の奥へ奥へと…

そして次にポテトサラダを作ろうと思ったときは、冷蔵庫にマヨネーズが入っていることを忘れて、また新しいのを買うんじゃないでしょうか。

そうやって、冷蔵庫の中に、何本も使いかけの、年代物のマヨネーズが入っていると…

きっと、そんなところでしょう。

で、この前そんなマヨネーズのうちの、特に古いやつを見つけて、こっそり処分したんですね。

そして昨日、冷蔵庫の中を見てびっくりしました。

戻ってきてました。3年物のマヨネーズが。

おばあちゃん、ゴミを出すときにチェックしてるんでしょうか? 

ゴミ袋の中から、何か不自然に紙に包まれたものを開くと、半分くらい残っているマヨネーズが…

おかしいな…と思いつつ、冷蔵庫に戻したんでしょうね。

「あら、もったいない。まだこんなに残ってるのに」

とか独り言を言っていたかもしれません。

それとも、ムスメが(おばあちゃんにとっては)まだ食べられるものを捨てているみたいだと疑い、ゴミ袋のチェックをしているのかも。

「やっぱり、あの子ったら食べ物を捨てて…」

と苦々しく思ったかもしれませんね。

今回のことで、わかったことがあります。

賞味期限が3年切れたマヨネーズを、おばあちゃんは捨てたくないということです。

本当は捨てた方がいいとわかっているけど、自分で捨てる決断をし、実際に自分の手で捨てるのが難しい、あるいはつらいというケースもあると思うんですよね。

そういう場合は、知らないうちにヨメやムスメが捨ててくれたらありがたいと思ってくれるんじゃないでしょうか。

うちのおばあちゃんは、こっそり捨てられたマヨネーズをわざわざごみ袋から出して、冷蔵庫に戻してしまいました。

自分ではもちろん捨てたくないし、人に捨てられるのもいやだということです。内心、おばあちゃんが自分のお金で買ったマヨネーズを勝手に捨てたムスメを怒っているかもしれません。

3年たったマヨネーズ、見た目は新しいものと変わらないんですよね。

考えてみると、それも怖い話ですが…

見た目にカビがはえているもの、色が変わっているものなどは、さすがにおばあちゃんも捨てるんです。

捨てたらいいかどうかわからないものは、食べないけど捨てることもできず、とりあえず冷蔵庫に入れておく。見た目にはっきりとした変化が起こるまで、待ってから捨てるということなんでしょうか。

いやでも、見た目は変わらないように見えるけど、賞味期限がだいぶ過ぎているものを、おばあちゃん食べますからね。そして意外なことに、お腹を壊したりはしないという…

もしかすると、賞味期限ではなく、おばあちゃんの長年の食品を見る目と鼻で、判断できているということなんでしょうか。

賞味期限という数字でしか判断できない私の方が、未熟者だということなのか…

高齢者の冷蔵庫問題は、奥が深いです。

おすすめ記事

離婚後の仕事探し 1

私は、40代で離婚しました。その時大変だったのは仕事探しです。 それまでに一般事務のパートなどをした経験はありましたが、仕事探しでアピールできるような能力や資格はありませんでした。 応募しても書類選考 ...

2

離婚後の仕事がなかなか見つからないと焦りますよね。 特に、離婚前に専業主婦やパート勤めしかしたことがなかった人、年齢が高めな人などは、仕事探しに苦労してしまうケースもあると思います。 konoha私も ...

3

離婚して節約生活というと、すごくつらいものを想像されてしまうかもしれません。 たしかに贅沢はできないし、ほしいと思ったものをパッと買うことはできず、何回も考えて、やっぱり今は買うのをやめておこう、と我 ...

4

母子家庭割引など、ひとり親家庭の料金が安くなる塾ってどれぐらいあるのかな?と思い調べてみました。 経済的には大変だけど、子供の教育にはお金を出してあげたい… 周囲のシングルマザーと話していると、そう考 ...

5

離婚後の女性の仕事について、知っておきたいすべてのことを詳しくまとめます。 離婚した方、離婚する予定の方、そして離婚するかもしれないと考えて仕事を探している方… 「どんな仕事があるの?」 「仕事をどう ...

-実家

Copyright© 離婚ブログ! , 2020 All Rights Reserved.