母子家庭が幸せになる方法を探求するこのはのブログ

離婚ブログ!

ひとり親が子供と暮らしていくための毎月のお金の事。住宅費編

投稿日:

ひとり親が子供と暮らしていくための毎月のお金の事。住宅費編
離婚した後、子供がいない場合はそれぞれに新しい人生を再出発させればいいですし、子供がいないカップルは共働きである可能性も高いので離婚後にすぐ生活に困るというパターンも少ないでしょう。

万が一どちらかが専業主婦であったとしても、子供もおらず、フルタイムで働くとなると仕事の選択肢も多くなってくると思います。

子供がいて離婚した場合の生活費

その点、子供がいて離婚した場合は少し状況が厳しくなってくるでしょう。

子供を育てる側は、相手に養育費を請求することは出来ますが、金額は相手との相談になりますし、一定して入ってくるかも不安が残ります。

となると、自分の稼ぎで子供と生活出来るのかということは非常に重要なポイントになります。

一体いくら稼げば子供との生活費を賄う事が出来るのか、職探しもそれによって変わってくるかもしれません。

その中でも今回は固定費である住宅費について考えてみましょう。

毎月どうしても掛かってしまう固定費。その割合としては最も大きいのは住宅費ではないでしょうか。

離婚して子供と二人で新しく住まいを用意する前提で考えてみましょう。

住宅費はだいたい手取り収入の30%までと言われています。

賃貸の場合の住宅費

まずは賃貸住宅の場合を考えてみましょう。

大手不動産会社の出している情報として東京都の家賃相場と言うものがあります。
参考:東京都の家賃相場情報 賃貸住宅D-room

その情報によると1LDK~2DKの間取りに対して23区で平均家賃最安値は、葛飾区の8.4万円、東京都下ではあきる野市の6.0万円となっております。

ここから必要な手取りの金額を算出してみると、葛飾区に住む場合は277,200円、あきる野市に住む場合なら198,000円となります。

小さな子供を持つひとり親として残業のない仕事に就く場合は、現実的な家賃というラインで考えると東京都下という事になりそうです。

次に通勤時間と言うのも毎日のライフスタイルでは大事なポイントになりますので考えてみましょう。

そこで、東京駅に仕事で通勤する場合を考えてみると、葛飾区にある亀有駅から東京駅までは36分。

あきる野市にある秋川駅から東京駅までは1時間27分となります。

家賃補助のある会社は多くはないですが、交通費に関してはほとんどの会社に通勤手当がありますので時間はかかっても家賃が安い方が金銭的な安心はありそうですね。

ただ、通勤時間としても1時間半というのは許容範囲だと思いますが、会社と家が遠い場合は子供に何かあった場合、家まで戻るのに時間が掛かるのが少し心配ではありますね。

家を購入したの場合の住宅費

賃貸だと、以上のように考えることが出来ますが、次に住宅を購入する場合はどうでしょうか。

賃貸よりも住宅ローンの方が毎月の支払額が安くなる場合もありますので、離婚してすぐではないにしろ一つの選択肢として考えてみるのもいいでしょう。

住宅ローンを組むための審査に通る為には、安定した収入が長期間継続できるかどうかという点を見られるので、そのためにいくつかのポイントがあります。

大きなところでいいますと勤続年数と年収です。

勤続年数でいうと最低でも1年から3年、年収でいうと200~300万と言われています。

この数値だけ見ていると、子供のいるシングルマザーであっても住宅を購入するという選択肢が見えてくると思います。

後は具体的に個別の資金計画が必要になってくるのでしょうが、年齢もその条件の一つでしょう。

金融機関によって借入時の上限年齢と完済時の上限年齢がそれぞれ設けられています。

実はこの上限年齢だけを見てみると最高で借入時71歳、完済時81歳と、かなり高齢でもローンが組めることが分かります。

少し驚きましたが実際にはその年齢まで働き続けて毎月ローンの支払いをするというのは現実的ではないと思いますし、平均年齢としては30代で30-35年ローンを組むという数値が出ています。

また、ローンを組む際には自己資金がある方が安心です。

ローン審査においても自己資金を貯められるぐらい計画性のある人物だと評価されますし、実際に借入する金額も減りますよね。

以上の事を見ていきますと子供のいるひとり親の場合を考えた時には、まずは安定した職を求めて1年から3年働き、ある程度の自己資金を貯めておいてその間に住宅購入に向けて情報を集めておくというのが現実的ではないでしょうか。

まとめ

今回は住宅費について、賃貸住宅と住宅購入について考えてみました。

それぞれにメリットデメリットがあり、それはまた別の機会にご紹介したいと思います。離婚後の生活をスタートさせるためのポイントとしては、以下の内容が挙げられます。

最低限の広さの、家賃の安い賃貸を探して安定した収入が期待できる職探しをするという事が重要です。
そのうえで、少しでも自己資金を貯めて1年後から3年後に向かって住宅購入を考えてもいいでしょう。
仕事の上でも収入の面でも少しステップアップしていれば、子供の成長も含めて考えて、広い家を賃貸で探し直すという選択肢もあります。

おすすめ記事

離婚後の仕事探し 1

私は、40代で離婚しました。その時大変だったのは仕事探しです。 それまでに一般事務のパートなどをした経験はありましたが、仕事探しでアピールできるような能力や資格はありませんでした。 応募しても書類選考 ...

2

離婚後の仕事がなかなか見つからないと焦りますよね。 特に、離婚前に専業主婦やパート勤めしかしたことがなかった人、年齢が高めな人などは、仕事探しに苦労してしまうケースもあると思います。 konoha私も ...

3

離婚して節約生活というと、すごくつらいものを想像されてしまうかもしれません。 たしかに贅沢はできないし、ほしいと思ったものをパッと買うことはできず、何回も考えて、やっぱり今は買うのをやめておこう、と我 ...

4

母子家庭割引など、ひとり親家庭の料金が安くなる塾ってどれぐらいあるのかな?と思い調べてみました。 経済的には大変だけど、子供の教育にはお金を出してあげたい… 周囲のシングルマザーと話していると、そう考 ...

5

離婚後の女性の仕事について、知っておきたいすべてのことを詳しくまとめます。 離婚した方、離婚する予定の方、そして離婚するかもしれないと考えて仕事を探している方… 「どんな仕事があるの?」 「仕事をどう ...

-離婚と仕事, お金
-, , , , ,

Copyright© 離婚ブログ! , 2021 All Rights Reserved.