母子家庭が幸せになる方法を探求するこのはのブログ

離婚ブログ!

離婚後の住まい、賃貸か購入か?

更新日:

離婚後の住まい、賃貸か購入か?
離婚して自分が子供と一緒に暮らす場合、住環境はとても重要です。

結婚していた時に住んでいた家にそのまま住み続けることが出来ればいいのですが、例えば賃貸だった場合は二人で払っていた家賃を一人で払うのは厳しい場合もあるでしょうし、家を購入していた時の住宅ローンの支払いにしても同様のことが言えます。

また、万が一実家に戻れるといった場合は金銭的には楽になりますが、また別の問題も生じてくる可能性もあります。

そこで今回は、離婚後、子供と住む家としては賃貸がいいのか購入がいいのかを考えてみましょう。

まずはそれぞれのメリットデメリットを見ると比較がしやすいですね。

賃貸住宅のメリット

何かが起きた時に引っ越しがしやすい

賃貸のメリットのまず一番大きいところは、その自由度でしょう。

離婚前後はとにかくやることもいっぱいで、精神的にも体力的にもしんどい時期です。

まずは、子供と二人で住む家をとりあえず探したい、といった場合には賃貸がやはりお勧めでしょう。

離婚のことだけでも大変なのに、住宅ローンのことや一生住む家を探すとなると、かなり大変になるというのは想像に難くないですよね。

やはり離婚後すぐは経済的にも不安に思うことが多いでしょうから、小さめの賃貸住宅を探して生活が落ち着いたら、ゆっくり好みの家を探すということも賃貸ならできます。

子供の学校のことを考えても、年齢にもよりますが、できれば転校などさせずに住まわせたいとなると、元の住まいの近くに探すこともできます。

また、中学や高校に上がるタイミングで広い家や、その時都合のいい場所へ引っ越すということも可能です。

また、仕事面でもステップアップし、収入が上がったらアパートからマンションへなどの住み替えることもできます。

さらに、離婚したばかりでは考えられないでしょうが、将来新しいパートナーが出来たり、再婚ということになっても、その家族構成やライフイベントに合わせて家を自由に選ぶことが出来るでしょう。

家賃以外にお金がかからない

賃貸住宅の場合、家の設備などに不具合が生じた場合、大体の場合は貸主がその修理費を負担してくれます。

水回りや、ガスなどのキッチン回り、扉の立て付けなど、住んでいれば何かと不具合が生じてくるものですが、そんな時にいつでも気軽に管理会社に電話したらすぐに対応してくれますし、その際の費用もほとんどの場合かかりません。

それに固定費としては基本的には家賃(管理費)だけになります。

もちろん更新の時期には更新料を払う必要がありますが、ほとんどの場合は2年に一度ですし、さらに更新時は実は、家賃の交渉などのチャンスだったりもするので交渉がうまくいけば、家賃が下がるという嬉しい誤算があるかもしれません。

煩わしい人間関係がない

賃貸の住宅の場合、短期間で引っ越すという方も少なくないので、同じ棟に住む住民同士もそんなに付き合いが盛んではないというのも特徴です。

もちろん挨拶など常識の範囲内でしていくとしても、最低限のマナーを守っていれば、煩わしい人間関係もなく自由に暮らせるでしょう。

また、万が一近隣などで迷惑な人がいたとしても管理会社が間に入ってくれますので、大きなもめごとに発展することも少なく、安心です。

もちろん小さな子供と一緒の暮らしですので自分たちがクレームを受けることもあるでしょうが、その場合も近隣から直接というより、ワンクッションおいて管理会社から言われたほうが精神的なショックも減りますよね。

さらに、どうしても解決しないということであれば、引っ越すという選択肢があるのもやはり賃貸ならではのメリットです。

住宅購入のメリット

家は、自分の資産になる!

購入した場合の一番のメリットは、ローンを払い終えたらそれが自分の資産になるということです。

老後、安定した収入がなくなったとしてもローンを払い終わっていれば毎月の出費はありません。

また子供に資産を残せるということもあります。

万が一自分がローンを払い終わるまでに死亡した場合も、住宅ローンを組む時には大体団体信用生命保険に入りますので、ローンを組んでいる本人が死亡した場合はローンを払う必要がなくなりますので、子供にローンを負担させる心配もありません。

自分が天寿を全うしたとしても、その家は子供に残せますので、そのあと売却してもいいでしょうし、賃貸として活用してもいいでしょう。

設備などのクオリティが高い

購入物件に関して言うとやはり、長期的に暮らすことを前提にして作られていますので、水回りやキッチン、その他の設備関係が賃貸と比べると質が高いことが多いでしょう。

賃貸だとどうしても仮住まいになりますし、オーナーとしても賃貸物件にそこまでお金をかけても賃料がそれほど上がるわけではありませんのでそういった物件は自然と少なくなります。

けれど、購入物件の場合は新築なら当然ですが、中古であっても最近は業者がリノベーションをしてから売り出すことが多いので、中身はほぼ新築と言っていいほどです。

設備も丸ごと新しくグレードアップしているので快適に生活ができるでしょう。

内装などを自由に変更できる

生活スタイルなどの変化において引っ越しができるのが、賃貸のメリットでしたが、購入した場合には間取りを変更することで家族のライフスタイルに合わせていくことが出来ます。

子供が独立した後に使わない部屋を残しておくよりも壁を取り払って一人で自由に使える空間とすることもできます。

また、そこまで大がかりではなくとも壁紙を張り替えたり、棚を取り付けたり、扉の色を塗り替えたり等も気軽にできるのでガラッと気分を変えて引っ越しをしたような新しい気持ちで暮らすことが出来るかもしれません。

賃貸ですと、釘を打ったり、画びょうを刺すだけでも、原状復帰費用のことを考えて躊躇してしまいますよね。

その点、購入してしまえば自分のものになりますから模様替えや間取り替えも自由自在です。

賃貸のデメリット

金銭的な心配

やはり一番大きな心配事は家賃を生きている限り払い続けなければいけないということでしょう。

生涯現役が叫ばれて久しい現代ですし、定年後も働くチャンスが広がっているなと感じますが、果たして80歳を超えて家賃を払い続けながら生活出来るほど稼げる仕事があるでしょうか。

また、年金がもらえるといっても、昔と比べると支払い開始時期が上がってきているようですし、もらえたとしてもそれで家賃を払い続けながら生活費も賄うとなるとかなりの貯蓄がないと厳しい状況でしょう。

子供が独立したらすぐに小さな、家賃の安い物件に住み替えをするなどして住居費を節約しつつ将来に備える必要がありそうです。

その際に、退去費用が発生することも考えなければならないでしょうし、引っ越し費用、新しい物件の契約にかかる費用も必要になります。

また、2年に一回は更新の時期が来ますので、定期的に更新料を払う必要もあることを忘れてはいけません。

年齢を重ねたときに、更新してもらえないということが発生することも事例としてはあるようですので、そのあたりの情報収集も怠ってはいけませんね。

自由度がない

賃貸は通常は、原状回復が基本です。

家族のライフスタイルに変更があったとしても気軽にリフォームなどはできません。

子供が小さいと落書きもするでしょうし、暴れたりして家に傷をつけないかどうかも注意しながら生活しなければいけません。

そんなことで子供にガミガミいいながら生活するのもかわいそうな気がしますね。

また、賃貸の物件の場合家賃の安いものを探すとどうしても家の作りが最低限のものになりがちです。

木造や軽量鉄骨の集合住宅だった場合はそれぞれの家の境界壁が薄く、近隣の音トラブルを避けるためにどうしても気を使って生活せざるを得ないというパターンもあるそうです。

家にいながらリラックスして過ごせないのは残念ですよね。

購入した場合のデメリット

引っ越しができない

一度購入するとそうそう簡単には住み替えはできませんよね。

もちろんそのつもりで購入する時点では良く良く、いろいろな条件を見て決めるということが必要なのですが、人生には何が起こるかわかりません。

転勤が多い会社に勤めてしまったらやはり購入するのはリスクがありますし、親の介護のために地元に帰らなければならなくなった、ということもありえるでしょう。

また、将来、新しいパートナーに巡り合えたとしたら嬉しい反面、持ち家をどうするか悩みますね。

子供が独立した後で、相手が賃貸の場合は問題が少ないでしょうが、子供と同居中であれば広さの問題もありますし、子供が独立後であっても、相手も持ち家だった場合はどちらに住むか、どちらかを処分しないといけなくなると面倒なことになりそうです。

ローン以外の支払いにも要注意

マンションを購入した場合は、ローン支払い以外にも修繕積立金と管理費というのが一般的には生じてきます。

ローンはいつか支払いが終わりますが、この修繕積立金と管理費は住んでいる限り一生続くということを忘れてはいけませんね。

物件を購入する場合はこの管理費と修繕積立金の価格についてもよく考えましょう。

またマンションは長期間住み続けると、大規模修繕工事のために修繕積立金から結構な額が支払われますので、またある程度修繕積立金が貯まるまでは問題が生じても待つしかありません。

また年月がたてばたつほど建物に掛かる管理費も上がってきますので管理費が高すぎる管理会社の場合は、管理組合で話し合いの上に管理会社を変更するということも考えなければいけません。

一軒家を購入した場合にはこのような毎月の出費はありませんが、自分の家の不具合は全て自分で修理費を出さなければいけません。

当然月日がたてば具合の悪いところも出てきますので、それを見越して自分なりに修繕積立金をためるぐらいの気持ちが必要でしょう。

さらに家を持つということは、固定資産税と、住む地域によっては都市計画税という税金も毎年払わなければなりません。

考えておかなければならない自然災害のこと

日本は地震大国です。また近年ゲリラ豪雨での浸水被害などもニュースでよく目にします。

もちろん住宅購入の際には保険には入っていることとは思いますが、保険にも免責事項があったり、実際は自分のもともとの生活を取り戻すためには十分なカバーをしてくれる保険というのはなかなか難しいようです。

最近は行政でもハザードマップも作られていますし、家選びの際に危険ではない区域を選択する知識を私たちが事前に得ることが気軽にできるようになってきています。

そうはいっても天災というのは思ってもみなかった時にやってくるものです。

その時に保険でカバーできなかった部分を全部自分で負担するというのはなかなか状況としては難しいのではないでしょうか。

また、ひどい場合には家があった場所には住めないといったこともあります。

そういった場合には住宅ローンだけが残り、また新たな住まいのローンなり住居費なりがかかってくることになります。

こういった事例はもちろん確率的にはそう多くはないのでしょうが、ゼロとは言えませんのでそういったことも含めて考えていかないといけませんね。

まとめ

さて、それぞれにメリットデメリットを見てきましたが、賃貸か購入かという点では、結論としては一般論というようなものはなく、それぞれのライフスタイルに合わせて考えるのが正解のような気がします。

金銭的な数字については一人一人それぞれ収入も住みたい場所も違うことでしょうし、計算した結果も違うことでしょう。

そして実際のところ、数十年後先の未来のことなど、予想できる人はそう多くないはずです。

賃貸で住み続けると選択した人も、購入した人もある一定期間経過後にはなんらかの状況の変化なり変化のない状況なりを感じるはずです。

やはり人生において絶対不変というものはないので、あるタームや期間を決めて自分の状況を見つめなおし、その時に改善できることを探しつつ最善の改善をしていくということが重要なのではないでしょうか。

賃貸を選んだ人はその自由を満喫しつつ、将来に備えることが必要でしょうし、購入を選んだ人は自分の買ったものが資産価値が下がらないよう時流をよく読む必要があるというように、柔軟に対応することが大切だと思います。

おすすめ記事

離婚後の仕事探し 1

私は、40代で離婚しました。その時大変だったのは仕事探しです。 それまでに一般事務のパートなどをした経験はありましたが、仕事探しでアピールできるような能力や資格はありませんでした。 応募しても書類選考 ...

2

離婚後の仕事がなかなか見つからないと焦りますよね。 特に、離婚前に専業主婦やパート勤めしかしたことがなかった人、年齢が高めな人などは、仕事探しに苦労してしまうケースもあると思います。 konoha私も ...

3

離婚して節約生活というと、すごくつらいものを想像されてしまうかもしれません。 たしかに贅沢はできないし、ほしいと思ったものをパッと買うことはできず、何回も考えて、やっぱり今は買うのをやめておこう、と我 ...

4

母子家庭割引など、ひとり親家庭の料金が安くなる塾ってどれぐらいあるのかな?と思い調べてみました。 経済的には大変だけど、子供の教育にはお金を出してあげたい… 周囲のシングルマザーと話していると、そう考 ...

5

離婚後の女性の仕事について、知っておきたいすべてのことを詳しくまとめます。 離婚した方、離婚する予定の方、そして離婚するかもしれないと考えて仕事を探している方… 「どんな仕事があるの?」 「仕事をどう ...

-離婚後の生活, 引越し
-, , , , ,

Copyright© 離婚ブログ! , 2021 All Rights Reserved.