母子家庭が幸せになる方法を探求するこのはのブログ

離婚ブログ!

離婚後【実家or賃貸】の生活費はどれぐらいかかるか計算してみた

更新日:

離婚後に、生活費ってどれぐらいかかるのかなって気になっている人も多いんじゃないかと思います。

離婚した後、実家に住む場合と、賃貸アパートやマンションを借りる場合では生活費は違います。

車を持つかどうか、子供はいるかどうかどうか、子供は何人で、何歳かでもまただいぶ違ってきます。

そこで、いろんなパターンで、だいたいどれぐらい生活費がかかるものなのか、ザックリと計算してみました。

ほんとにザックリした計算で、人によって全然ちがうとは思いますが、だいたいの目安として参考にしてもらえたらと思い、ブログに掲載してみることにしました。

女性が離婚して必要なお金は

まず、離婚後の生活でどれぐらいのお金が必要なのか、計算してみます。

だいたい自分の場合ですが、実際はウチは通信費が多すぎたりと極端なところもあるので、一般化するために調整しています。

賃貸の場合は、家賃が6万円として考えました。実家の場合は、生活費として実家に3万円入れる他、食材の買い物もします。ただし、食料品や日用品は実家の親も時々買ってくるという例で考えてみました。

生活費

賃貸の場合実家の場合
住居費60,0000
食費25,00020,000
光熱水道費15,0000
実家に入れるお金030,000
日用品5,0003,000
通信費10,00010,000
医療保険4,0004,000
その他保険や積立8,0008,000
交通費5,0005,000
国民年金16,40016,400
服、美容8,0008,000
医療費、予備10,00010,000
合計166,400114,400

これが毎月かかるお金で、その他に、所得税や住民税、健康保険料等の他、家具や電化製品、冠婚葬祭等のおつきあいのお金などが必要になると思います。所得や家庭の状況によって大きく違いますが、一応これを20万円として計算します。

車所持の場合

ローンの支払いがない軽自動車を持っている場合で考えてみます。毎月かかるお金は、上記の表から

  • ガソリン代:+5,000円
  • 交通費:-5,000円
  • 駐車場代:+6,000円
  • 車の保険:+3,000円

その他に、年間でかかるお金として、

軽自動車の場合、税金、整備、車検、タイヤ交換などで年間10万円〜15万円

車のローンを支払い中なら、ローン返済のお金も必要です。

子供がいる場合:子育ての費用

所得が一定以下の場合は、児童扶養手当、児童手当等をもらえる場合があります。また、就学援助を受けられる場合もあります。

もと夫から、養育費をもらえる家庭もあると思います。

未就学児

毎月かかるお金は、

  • 食費や日用品費:上記の表より+5000円程度
  • 保育園:0円から4万円以上(所得による)

その他に、年間でかかるお金としては、服、靴、おやつ、遊びの道具など。年間10万円ではかなりキツいだろうと思いますが、いちおう10万円で計算してみることにします。

小学生

毎月かかるお金は、

  • 食費や日用品費:上記の表より+5,000円程度
  • 給食費:5,000円程度(就学援助で払わなくていい場合もある)
  • 副教材費など:2,000円程度

その他に、年間でかかるお金としては、

服、靴、学用品、おやつ、本、スポーツや遊びの道具など。年間10万円ではかなりキツキツに節約することになるはずですが、ここでもいちおう10万円で計算します。

習い事をするとしたらそのお金も必要です。

新入学の時期なら、さらにお金がかかります。ランドセル、靴、体育着など絶対に必要なもの以外にどれだけお金をかけるかによりますが、10万円ではかなりきついでしょう。

中学生、高校生

毎月かかるお金は、

  • 食費や日用品費:上記の表より+10,000円程度
  • 給食費:6,000円程度(就学援助で払わなくていい場合もある)
  • 副教材費など:2,000円程度
  • スマホ代:3,000円程度(持たせるとしたら)
  • おこづかい:3,000円程度

服、靴、学用品、おやつ、本、スポーツや遊びの道具など。小学生の場合と同じで、年間10万円ではかなりキツキツに節約することになるはずですが10万円で計算してみます。

部活、習い事、塾など。やらせるとしたらその費用もかかります。

新入学の時期に、制服、体育着、バッグ、靴など、節約してもやはり10万円はかかると思います。

離婚後の生活費はこれぐらいかかる!

ここまでの計算結果をまとめると……

賃貸住まいの場合

・毎月166,400円
・その他に年間20万円

年間約220万円

実家暮らしの場合

・毎月114,400円
・その他に年間20万円

年間約157万円

賃貸住まいは、家賃6万円で計算してみたものです。

実家暮らしは、実家に生活費として3万円入れる他、食料品の買い出しもする設定で計算しています。

これを基本として、さらに…

車を持つ場合

・毎月+9,000円
・その他に年間+15万円

年間約26万円プラス

子供がいる場合(1人あたり)

未就学の子供がいる場合(保育料1万円で計算)

・毎月+15000円
・年間+10万円

年間約28万円プラス

小学生の子供がいる場合

・毎月+12000円
・年間+10万円

年間約25万円プラス

中学生、高校生の子供がいる場合

・毎月+24,000円
・年間+10万円

年間約44万円プラス

子供は1人あたりにかかるお金として考えてみました。習い事、部活など一切なし、かなり節約してこれぐらいという計算です。

また、新入学の時期には、上記の他に+10万円程度はかかると思います。

(子供がいると出費も多くなりますが、就学援助、児童扶養手当、児童手当、養育費などを受けられる場合があります)

たとえば、6万円の賃貸アパートに住み、軽自動車を持ち、未就学の子供が1人、小学生の子供が1人いるというパターンで試算してみると…

  • 毎月・・・202,400円
  • その他に年間・・・55万円
  • 合わせて、一年間に・・・約298万円

これぐらい生活費がかかるのかなと考えました。

何回も書きますが、かなり節約して、貯金はほとんどできない金額です。病気やけがで働けない期間ができたりしたら、ひとたまりもないです。

これ以上の収入を得られるように仕事をしないと、生活はとても厳しいと考えられます。

おすすめ記事

離婚後の仕事探し 1

私は、40代で離婚しました。その時大変だったのは仕事探しです。 それまでに一般事務のパートなどをした経験はありましたが、仕事探しでアピールできるような能力や資格はありませんでした。 応募しても書類選考 ...

2

離婚後の仕事がなかなか見つからないと焦りますよね。 特に、離婚前に専業主婦やパート勤めしかしたことがなかった人、年齢が高めな人などは、仕事探しに苦労してしまうケースもあると思います。 konoha私も ...

3

離婚して節約生活というと、すごくつらいものを想像されてしまうかもしれません。 たしかに贅沢はできないし、ほしいと思ったものをパッと買うことはできず、何回も考えて、やっぱり今は買うのをやめておこう、と我 ...

4

母子家庭割引など、ひとり親家庭の料金が安くなる塾ってどれぐらいあるのかな?と思い調べてみました。 経済的には大変だけど、子供の教育にはお金を出してあげたい… 周囲のシングルマザーと話していると、そう考 ...

5

離婚後の女性の仕事について、知っておきたいすべてのことを詳しくまとめます。 離婚した方、離婚する予定の方、そして離婚するかもしれないと考えて仕事を探している方… 「どんな仕事があるの?」 「仕事をどう ...

-節約
-

Copyright© 離婚ブログ! , 2020 All Rights Reserved.