母子家庭が幸せになる方法を探求するこのはのブログ

離婚ブログ!

母子家庭の引っ越しと子供の転校。やることリスト

更新日:

母子家庭の引っ越しと子供の転校には、どんな手続きが必要なのか、私の例を書いてみたいと思います。

ちょっと前から部屋探しをしていましたが、なんとか、賃貸マンションの契約をすることができました。

このブログの副タイトル「子供といっしょにいつかきっとあの街に帰ろう」が実現する日が来そうです。

引っ越しをするためには、手続きがいろいろあります。子供を転校させるので、学校の手続きもあります。

たくさんやるべきことはありますが、この「やることリスト」を作ってみて、「このていどならそんなに大変じゃない」と思っている私がいます。

なぜかというと……

離婚して実家に帰ってきた時は、さらに「離婚」の手続きもあってもっともっと、大変だったんです。その時のことは、こちらに書いています。

離婚と引っ越しと子供の転校-手続き一覧

あの時に比べたら、今回はずいぶん楽です。(ただ、心配なのはお金のことですが…)

引っ越しと子供の転校のための手続きリストを、今回も作ってみました。

今回のうちの条件はこんな感じです。

  • 実家住まいから賃貸マンションを借りて引っ越す
  • 他の都道府県への引っ越し
  • 中学生の子供が1人

引っ越しのだいたいの日付が決まり次第

子どもの学校の担任に転校することを連絡

担任の先生や教頭先生、部活の顧問の先生、学校事務の方などなど、たくさんの方に、いろいろと手続きしてもらう必要があります。できるだけ期間に余裕をもって伝えるようにしたいものです。

といっても、引っ越しは急に決まることもあるものなので、引っ越すということが決まりしだい、連絡帳や電話で、担任の先生に伝えましょう。

引っ越し業者の見積もり(業者に頼む場合)

数社に見積もりを依頼して、比較して決めることをおすすめします。

運ぶ荷物が少ない場合は、自分の車で運ぶ、レンタカーを借りて運ぶなどといった方法もあります。

荷造りを始める

すぐに使わないものから、荷造りを始めましょう。

電気、ガス、水道の申込

アパート、マンション、借家などに引っ越す場合は、電気やガスはどの会社を利用するのか、不動産会社から入居前の説明があるはずです。

引っ越しの日が決まったら、インターネットや電話で申込みをしましょう。

固定電話の引っ越し申込み

今NTTの固定電話を自分が契約して使っている場合、

引っ越し先では固定電話は使わないなら

  • 休止(最長10年まで。再開する時は電話番号が変わる)
  • 中断(再開する時に電話番号が変わらない)
  • 解約(また固定電話を使う時には、再度新しく契約する必要がある)

このいずれにするかを決めて、NTTに連絡をします。

引っ越し先で同じ番号で固定電話を使う場合は、NTTに移転の申し込みをします。

今は固定電話を使っていないけど、引っ越し先では使わない場合は、

休止、中断している固定電話番号があるなら、利用再開の申し込みをします。

または新しく固定電話を利用する契約を申し込みます。

  • 加入電話:加入時に施設設置負担金を払って利用開始する
  • 加入電話・ライトプラン:加入時に施設設置負担金がなく、月々の料金が割高となる

固定電話を利用しない人も増えています。節約したい場合は、固定電話がどうしても必要か、よく検討してみましょう。

インターネット引っ越し申込み

早めに手配しておきたいのがこれです。工事が必要な場合は、期間がかかる場合があります。

特に春先の引っ越しシーズンは工事が混んでいて、1カ月以上待たないといけないこともあります。

  • 今使っているインターネット回線を、引っ越し先で使えるかどうか
  • 工事は必要かどうか

まずは、今使っているネットの会社に引っ越しすることを伝えて相談してみましょう。

マンションなどの建物によっては、光回線は使えないとか、壁に穴をあける工事は不可といった制約がある場合も。

回線の引っ越しではなく解約となる場合、2年契約の途中での解約による手数料がかかる場合もあります。機器を分割で購入していた場合は残り代金を一括で支払う必要があったりして、意外なほどお金がかかってしまうケースもあります。

工事ができない場合は、モバイルルーターを契約するのも手です。

モバイルルーターというと使用できる容量の制限がきついというイメージですが、今は容量制限がゆるいプランもあって、かなり快適に利用できるようになっています。

2週間前

転校先の中学校に連絡をする

転校先の学校に、電話をします。

公立中学校の場合は、学区内に引っ越すことを話し、転校したい旨話します。教頭先生が窓口になってくださる学校が多いと思います。

「〇月〇日に、××市△△町に引っ越すことになりました。中学生の子供がおりまして、そちらの学校でお世話になります。転校の手続きについて、教えていただけたらと思いお電話しました」

こんな感じでお話すればいいんじゃないかと。

学校にお話を聞きに行く日を決めることになるかと思います。いつ、どこへ、何を持って行けばいいか確認しましょう。

学期の途中での転校など、すぐに制服や学用品など用意しなければいけない時は電話で聞きます。

夏休み中など長期休みの間に引っ越す場合は、引っ越し後に学校に行って話を聞いてから持ち物を買うことにすればいいと思います。

引っ越し業者を決めて申し込む

見積もりの内容を比較して、引っ越し業者を決めて予約をしましょう。

郵便局に転送届

あまりギリギリだと、転送されない期間ができてしまうので、引っ越しの日がわかり次第、転送依頼をしましょう。

子どもの友達やお世話になった方へ記念の品物を買う

クラス全員に、ペンなどのちょっとした文房具、特に仲のよかった子に、スマホのストラップのような身に着けるものなど、贈り物をするなら、購入しておきましょう。

お金をかけずに、手紙やイラストなどでも、心がこもっていていい記念になります。

近所の方や、特にお世話になったお家の方には、菓子折りなど持ってお別れの挨拶にいくのもいいと思います。

また、転校すると使わなくなる制服、ジャージ、部活のユニフォームなど、使ってくれそうな人にゆずるか、PTAでバザーをするところなら、そこへ寄付することにしてもいいでしょう。その場合は、洗濯したりクリーニングに出すなどして用意しておきましょう。

引っ越し先の近所の人へのあいさつの品物を買う

引っ越し先の近所の人にも挨拶が必要です。タオルやふきんなど、挨拶の時に渡すちょっとしたものを買っておきます。

3日前

お世話になった人に挨拶

子供がお世話になったお宅や、町内会でお世話になった方などに挨拶に行きましょう。

役場に転出届、各種届出

転出届を出す際に、児童扶養手当、児童手当、健康保険証、年金に関する手続きもします。

教育費の助成、医療費助成などを受けていた場合は、これらの受給資格を失うことにともなう手続きも必要です。

  • 国民健康保険に加入している場合: 健康保険証
  • 母子父子家庭、心身障がい者等を対象とした医療費助成を受けていた場合: 各受給者証
  • 児童扶養手当を受給している場合: 児童扶養手当証書

その他に、印鑑(認印)、運転免許証やパスポートなど身分証明書を持って行きましょう。

年金手帳、マイナンバーカードは、転入先の役所での手続きが必要です。転出する役所では手続きが必要ない場合もありますが、私はいちおう持って行きました。

印鑑登録をしている場合は、転出の日をもって廃止されるので、転入先で新たに印鑑登録をする必要があります。印鑑登録証や印鑑登録カードは、自分で破棄しても、転出する役所に返しても、どちらでもいいそうです。

転居先での児童扶養手当の手続きで必要になることがあるので、納税証明書(非課税証明書)を取っておくといいです。

1日前

登校最終日に学校に行く

学校に収めていたお金の清算があります。お金が戻ってくることもあれば、追加で支払わなければならない場合もあります。

例えば、ドリルなどの教材を、1年間使う予定で購入し、月々の学校の集金として分割払いで納めている途中で転校になると、すでに使い始めているドリル代の残りを学校に支払う必要があります。

逆に、転校後の行事などで使う予定のお金をすでに学校に収めていた場合などは、お金が戻ってくる場合があります。

お金の清算の他に大事なこととして、転校に必要な書類をもらいます。

  • 在学証明書
  • 教科用図書給与証明書

引っ越し後には、転校先の学校(または教育委員会に直接持って行くケースもあるようです。学校に確認しましょう)にこの書類を持っていく必要があるんです。

引っ越し当日

引っ越し

賃貸物件に引っ越す場合は、まず不動産屋さんに行って、鍵をもらいます。それから引っ越し先の部屋に行きます。

荷物を運び入れる前に、隣近所の人たちに挨拶に行った方がいいでしょう。荷物を運んだ後でも悪くはないですが、引っ越しで騒音を立ててしまうことについて一言声がけしておきたいので、できれば先に行った方がいいんじゃないかと思います。

引っ越しをして、荷物を部屋に運び入れたら、まずはカーテンや照明器具など、暗くなる前に設置してしまいましょう。

そして、すぐに使うものから荷解きをしていきます。

当日か翌日には、電気、水道、ガスの業者さんが来て、使用開始の手続きがあります。最初から使えるようになっている場合もあります。

電気使用開始の手続き

引っ越し当日には、立ち合いのもと使用開始の手続きをする必要があります。

ガス使用開始の手続き

ガス会社や建物にもよりますが、引っ越し当日には、立ち合いのもと使用開始の手続きをする必要があります。

水道使用開始の手続き

水道使用開始の手続きに、立ち合いが必要な場合もあります。

マンション等では、管理会社が水道料金の管理をしている場合も。入居時に指示があるので確認しましょう。

引っ越し翌日

これも引っ越しの当日か翌日に、工事が必要な場合は業者さんに来てもらって工事してもらうことになります。

  • 固定電話の工事
  • インターネットの工事

2日後

役所へ行って、いろいろな手続きをします。

  • 転入届
  • 国民年金
  • 健康保険
  • 児童扶養手当
  • 児童手当
  • 印鑑登録(登録する場合)
  • マインバーカードの住所変更(作った場合)

次のものを持っていきましょう。

  • 身分証明書(運転免許証、パスポート等)
  • 印鑑(認印)
  • 年金手帳
  • 児童手当等を振り込んでもらう、銀行やゆうちょの口座の通帳
  • マイナンバーカード(作った場合)
  • 印鑑登録に使う印鑑(登録する場合)

たくさんの手続きをするので、時間がかかる場合もあります。2日に分けて手続きをする必要があるかもしれません。

子供が転校する学校へ行く

前の学校でもらった次の書類を持って行きます。

  • 在学証明書
  • 教科用図書給与証明書

転校の手続きをし、用意する物などを確認しましょう。

子供の学校で使うものを買う

  • 制服
  • ジャージ
  • バッグ

こういった、学校で使うものを買います。

うちは夏休みに引っ越すため、夏休み中に用意すればいいですが、学期の途中での転校の場合は早く用意する必要があって大変です。

部活が決まってから:部活で必要なものを買う

前の学校と同じ部活に入る場合は、ウェアや道具など使いまわせるものが多いでしょう。違う部活に入るとしたら、買いなおすことになって大変ですね( ;∀;)

その後早めに

仕事関係の届け出(税務署等)

個人事業主の人は、事業開始(廃止)等申告書で、事業所の所在地が変わったことを届け出る必要があるなど。

治める税金の種類によって、やるべき手続きが違いますので、税務署に聞いてみましょう。

免許証の住所変更

免許証は身分証明書として使用頻度が高いので、早めに住所変更の手続きをしましょう。

手続きをできる場所:新しい住所地の運転免許試験場、運転免許更新センター、警察署

住民票など、新しい住所と氏名が記載されているものを持って行きます。

各種住所変更

これもなるべく早めに手続きをしましょう。ネットで変更の手続きができるものもあります。

  1. 車の保険
  2. 生命保険、学資保険など
  3. ゆうちょ
  4. 銀行
  5. クレジットカード

車の住所変更

軽自動車の場合…

手続きに行く場所:軽自動車検査協会

持って行くものは、

  • 車検証
  • 印鑑(使用者と所有者が別の場合は両方の印鑑)
  • 住民票など住所がわかるもの

引っ越しにより、軽自動車検査協会の管轄が変更になる場合は、ナンバープレート代が必要です。

まとめ

離婚して実家に帰ってきた時との違いは「離婚に関する手続きがない」ということなんですが、それだけではありません。

今回は実家への引っ越しではなく、何もないマンションの部屋への引っ越しであるという大きな違いが。

実家は、電気や水道はもともとありますし、生活に必要なものもそろっていますから、とりあえず身の回りのものだけ持って、移動してくればよかったんです。

でも今回はマンションの1室を借りての引っ越しとなります。

  1. 電気、水道、ガスなどの使用開始の申し込みをしておく必要がある
  2. 引っ越し当日か翌日には、電気、水道、ガスの使用開始の手続きをする必要がある
  3. 家具、電化製品など家財道具が必要

家財道具については、最低限のものしかそろえることができないと思います。実家に来る時に、前の家にあったものを持ってきたいと言ったのですが、親に断られたんですよね(T_T)

トラックで大掛かりに引っ越してこられるのは近所の人に恥ずかしかったのだと思われます。

引っ越してきた後、隣近所の人にあいさつに行かせてももらえなかったので。

電化製品とか、家具とか、もったいなかったな…

家財道具を、ほぼゼロから買いなおす必要があるんですが、それについてはまた別の記事に書きます。

おすすめ記事

離婚後の仕事探し 1

私は、40代で離婚しました。その時大変だったのは仕事探しです。 それまでに一般事務のパートなどをした経験はありましたが、仕事探しでアピールできるような能力や資格はありませんでした。 応募しても書類選考 ...

2

離婚後の仕事がなかなか見つからないと焦りますよね。 特に、離婚前に専業主婦やパート勤めしかしたことがなかった人、年齢が高めな人などは、仕事探しに苦労してしまうケースもあると思います。 konoha私も ...

3

離婚して節約生活というと、すごくつらいものを想像されてしまうかもしれません。 たしかに贅沢はできないし、ほしいと思ったものをパッと買うことはできず、何回も考えて、やっぱり今は買うのをやめておこう、と我 ...

4

母子家庭割引など、ひとり親家庭の料金が安くなる塾ってどれぐらいあるのかな?と思い調べてみました。 経済的には大変だけど、子供の教育にはお金を出してあげたい… 周囲のシングルマザーと話していると、そう考 ...

5

離婚後の女性の仕事について、知っておきたいすべてのことを詳しくまとめます。 離婚した方、離婚する予定の方、そして離婚するかもしれないと考えて仕事を探している方… 「どんな仕事があるの?」 「仕事をどう ...

-引越し

Copyright© 離婚ブログ! , 2020 All Rights Reserved.